カラオケで差をつける!うまく聞こえる歌い方

うまく聞こえるだけでなく、うまく歌えるようにするポイントも抑えましょう

音の設定は過剰にするよりバランスが大事とよく言われます

音の設定が悪いと音程が良くてもうまく聞こえないのがカラオケです。 本格的なライブでも、PAという音響担当のエンジニアが裏で音をコントロールしてくれますが、原理はそれと同じです。 エコーは少なめにしないと耳障りが悪いです。 ミュージックは少々大きめ、マイク音量はそれよりも更に少々大きめが望ましいようです。

うまく響かせる方法はエコーを大きくするケースが多いです

ライブ感満載で歌ってみたい、折角歌うならそう思いますよね。
エコーはとても広大な会場では大きめにエコーをかけることは可能ですが、部屋の規模によってエコーの量は考えながらかけましょう。
滑舌が悪くただ騒いでいるようなレベルにしか聞こえなくなります。
マイクの音量をつい恥ずかしくて小さめにしてしまうと、その人の歌自体が貧相に聞こえてしまいます。
だからと言ってどんどん音量を上げていくと耳にも悪いし、騒音レベルになりますので、マイク自体の音量をレシーバーと言いますが、それらのツマミでコントロールします。
機材によってはマイクをつなげる端子のそばにツマミがあるので、是非やってみましょう。
ライブ会場ではPAという音響担当がいますので安心して良いですが、カラオケボックスの機材とライブの音響機材は確かにレベルが大違いであります。
楽しく歌えてうまく聞こえるようにするには歌い方も工夫があり、聞かせるという意識は大事であり、機材だけでも変化することは可能ですが、自分自身の歌い方や声の出し方によっても、更に美しく出来ますし、まさに発声は大事なのです。
ダンスは得意でなくても、リズム感を養うことも歌に大きな一歩に影響をもたらすことができます。
発声やボイストレーニングも同じく大切なことで、もっと大切なことは歌うために体を動かすことです。
また、声の出し方は音楽のジャンルによって違って来ますが、基本はお腹を使った発声練習です。
例えば、普通は横に五線紙があると仮想して横に音を取って流れるイメージですが、ジャズの歌い方は縦に五線紙があって縦に音を取って声を前に出すようなイメージです。
かつて「ヘタウマ」という言葉が流行りましたが、正しい歌い方でなくても癒されたりノリが良かったりすることもありますので、何がいいのかは曲によって自分でかみ砕いて表現することがうまく聞こえる第一歩です。

おすすめリンク

機材をうまく利用することもうまく聞かせるチャンスであります

しかし、機材だけでは通の人に言わせると、とても鋭く「あっ、これ結構使ってるな」 と思われます。 でも、機材に頼らず声も歌い方も磨いておけば、機材だけでは出せない美しさも身について更にうまく聞かせてかつ自信が付くこと間違いなしです。 声と歌い方のコツも発揮しましょう。

機材だけでなく本当に聴かせるには

歌手のみなさんはトレーニングなどは欠かせません。 何故かというと、歌える曲のレパートリーが肺活量の強化により、声量のものすごいヴォーカリストの歌も歌えるようなレベルに近づきますし、喉の筋肉や周りの筋肉を鍛えることが出来るのです。 また、腹筋運動は腹式呼吸で歌うには本当に必要なことであります。