うまく聞こえるだけでなく、うまく歌えるようにするポイントも抑えましょう

機材だけでなく本当に聴かせるには

採点設定の利点を一人カラオケで活かそう

一人カラオケでも見かける点数制の画面。
そうです、大抵の人は嫌がります。
誰かが一緒だと恥ずかしいですから。
もっと気持ちよく歌うなら点数なんて勘弁してと心の叫びが出てくるものです。
しかし、その一人でいる時こそが向上のチャンスでもあるので、是非活かしましょう。
ガイドメロディで音程のずれの大きさ、リズムのずれ、この音はどのぐらいまで伸ばせばいいかなどがチェックできるという大きな利点があるのです。
・自分のキーの限界を知ってキーを合わせて歌う、キーの合う曲を歌う
・声量は大きくただし抑揚は強弱付ける
・あまり声が大きすぎてしまう所はマイクを若干離したり自分でコントロール
・ビブラートは入れてよい
・準備体操程度に体を慣らしておくことがリズム感をつけやすい
・腹式呼吸、腹筋を利用して声をコントロール出来るようにする
機材にも頼りながら歌の基礎をしっかり学びながら練習してみましょう。

ベテランでも低点数なこともある採点設定

よくバラエティ番組でタレントさんがカラオケで自分の持ち歌を歌って点数を競う番組も出てきます。
ですが、思いの外、低い点数だったりして大御所さんだと怒ってしまうこともあります。
カラオケ機材の機能をご存じでない方々には無理もない話です。
本来歌というものは、歌詞をよく理解して曲に乗せて歌うものなので、ちょっと遅れ気味でアレンジしたり、楽譜通りでない箇所も出てしまうのは理解が出来ます。
楽譜通りも正しいのですが、歌にはメロディだけでなく歌詞も大事な財産なので気持ちを込めることは、ちゃんと理解してそれを歌にしている証拠なので全く間違っていません。
カラオケの点数制画面では楽譜通りに歌わないと点数がということがすでにデフォルトとなっているので、今はそれに従うしか方法がありません。
ぜひともベテランの方々に対応できるよう、カラオケ機材企業には改良、開発を進めてもらえたら幸いと思う今日この頃です。


この記事をシェアする